新着情報

◆2015/08/03
未成年者や障害者でも相続税を払うのかの情報を更新しました。
◆2015/08/03
これからは相続税対策が重要な時代!の情報を更新しました。
◆2015/08/03
相続税の納税資金は大丈夫?の情報を更新しました。
◆2015/08/03
相続税の納税資金はどうしたらいいの?の情報を更新しました。
◆2015/08/03
2015年から相続税が変わった!の情報を更新しました。

未成年者や障害者でも相続税を払うのか

消費税は公平な税金である!とはいえ子供からも徴収する?税金はお金持ちからとるべき!そういう観点からは?相続税を重視すべきなのでしょう。
それでも未成年者や障害者が財産を相続する場合はどうなるか?一般的な成人と同様に相続税を払う義務があるのでしょうか。

未成年者が相続する場合

未成年者は、社会によって守られるべき存在です。学校にも行かなければなりません。そもそも収入源が限られるので、逆に養ってもらう必要があります。そんな状態なのに親が亡くなった?悲劇です。税金はそこまで無慈悲ではありません。
相続人が未成年者の場合には、成年に達するまでの期間、1年当たり10万円分が相続税の対象から控除されます。以前は年6万円でしたが、平成27年の相続税法改正に伴い増額されました。
なお将来的に成人年齢が18歳になったら?2年分控除対象から外れることになるのでしょう。

障害者が相続する場合

障害にも様々あります。しかし障害者手帳を有するなど、公的に認められていれば?こちらも未成年者と同様に1年当たり10万円分が相続税の対象から控除されます。
とはいえ大半は障害が一生残ることになるでしょう。そのため相続税の障害者控除は、85歳を上限としてカウントします。
なお障害者1級および2級の特別障害者に該当すれば、1年当たり20万円分を控除できます。

未成年の障害者が相続する場合

障害を持った未成年者であれば、生活の厳しいことが容易に理解できます。
3級以下の障害者なら、未成年期間は未成年者控除、20歳以降85歳までは障害者として計算されます。
一方で2級以上の特別障害者が未成年の間は、双方合わせた控除を受けられます。

知識は身を助ける

不幸は起きて欲しくありませんが、備えあれば憂いなしです。
勉強嫌いと言わず、知識は身を助ける!知っておくと不安が軽減されます。
hytdyhtd
遺言書は、自分が死んだ後に、残された人たちが仲違いしないためにもとても効果があります。
最近は、遺言書に財産分与について書いておく人も増えているようですね。
自分が死んだ後に、相続人たちが、気持ちよく財産を相続できるようにするためにはどのようなことができるのでしょうか。また、しっかりと相続税の申告期限を守りましょう

遺言書で相続人を守る

どんなに仲の良い間柄でも、財産を巡ってもめてしまうという話はよく聞きます。
大切な人たちが、自分の財産相続のために、いがみあってしまわないようにするためには、遺言書の作成がおすすめです。
遺言書があれば、相続人同士で争うこともなく、遺言書通りにスムーズに財産を相続することができます。
相続人の人数が多い場合などには、準備しておくといいでしょう。

財産を分けやすくしておく

遺言書を作らなくても、大丈夫だろう、と思う場合でも、相続人が複数いる場合は、貯金をいくつかに分けておくなど、財産を分けやすくしておくとよいでしょう。
財産分与は、配偶者が2分の1、残りを他の相続人で分ける、ということになっていますが、相続財産には、分けることのできない土地や家も含まれるので、財産分与って実はとても難しい物です。
どうやってわけるのが理想的かを考えて、準備しておくとよいでしょう。
その際、相続税のことも忘れないでください。土地や家を相続した人は、相続税の資金を自分で出さなければならなくなります。
そういった状況も想像して、相続税に充てられるような現金や、生命保険の死亡保険金などを、相続人の人数分用意しておくことは、相続税対策の中でも、大切なことですよね。