ライトな風俗ってどんなもの?

風俗は女性にとってとても稼ぐことが出来る仕事ですが、本当に様々な種類があります。ハードなものからライトなものまでありますので、あまりハードな風俗の仕事をしたくはないと思っている人は札幌の求人でライトなものを探すといいでしょう。

風俗には種類が色々とあります

風俗嬢
風俗と一言で片付けるには種類が多すぎると言えるほどたくさんの種類があります。中にはあまり知られていないようなものまであるといいますが、男性は詳しいかもしれませんが意外と女性は知らない人も多いので詳しく見ておくことで就職をしてからこんなことまでしなければいけなかったのかとがっかりしたりすることがないのではないでしょうか。

一番ライトとは程遠いのがソープ

一番ライトな風俗とは言い難くハードな仕事と言えるのがソープです。ソープは風俗のなかでも唯一本番がある店舗型の風俗の仕事です。法律上では本番は違法となっているので、特殊浴場という名前で一応はお風呂屋さんといった名目での営業となっているのですが、実際は違いますし、その点は暗黙の了解ともなっているのです。料金は本番までサービスしているだけに風俗の種類としては一番高めで給料も良いでしょう。ですが一緒に入浴をして濃厚なサービスを最後までしなければいけませんので、かなり大変な仕事となり、ハード系の中のハードといっても過言ではありません。

ヘルスの仕事について

美人風俗嬢
ヘルスは簡単に言えば本番がないソープといえばわかりやすいでしょうか。本番がありませんのでとてもスムーズに仕事をすることができます。店舗があり、そこに電話をかけて訪問をしたり直接訪問をしてその店にお客様が来るので、そこでスキンシップを取るのが仕事ですが、ヘルスで店舗がないケースもあり、お客様が指定した場所、家の部屋だったりホテルの部屋などへ出向いてサービスをすることもあります。ソープとほとんど変わらないといえば変わらないのですが、本番はありません。万が一本番をしようものなら罰金を取られたり警察へ突き出される可能性もありますので、女性も働く上でその点は絶対に身を守ることが大事です。もちろん部屋に行く前に店員からもお客様には注意や警告はあるかとは思います。具体的なサービスとしてはフェラ、素股、全身リップ、手コキといったサービスですので、これもライトな風俗とは少し言えず、ハードの手前といった感覚の仕事と言えるでしょう。デリヘルも同じ仕事でデリバリーヘルスの略ですので、先ほど書きましたがお客様が指定した場所へ出向いてのヘルスでのサービスとなります。

ピンサロ

ピンサロはライトナ風俗だと思いがちですが意外とちょっとハードだったりします。店舗に行きその店舗でフェラをして貰い射精をする、これがピンサロです。大きな部屋に長椅子がありその椅子に座って行います。基本は部屋の照明が暗くなっているのですが店によってほかの人が隣にいる状況でしなければいけないこともあります。シャワーもありませんし、ソープ、ヘルスと比べると女性も服を脱ぎませんので、射精のみしてもらうといった感じでライトナ風俗といってもいいですが働くものとしては、衛生的にはあまり翼はないと言えるでしょう。

おっパブ、セクキャバ

本当にライトナ風俗といえばおっパブと呼ばれるおっぱいパブ、セクキャバでしょうか。おっぱいパブは、胸を揉ませてあげる、舐めさせてあげるというサービスで、射精はありませんので女性からしてみればライトな風俗と言えるでしょう。

風俗求人札幌・すすきの
■https://www.kosyunyu.com/hokkaido_tohoku/sapporo/
■札幌市/すすきのの稼げる風俗求人・バイト情報|高収入ドットコム